MV マタヤローネ ワイン・データシート

English

「マタヤローネ」は干して半乾燥させたマスカット・ベイリーAによるデザートワインです。
葡萄は収量を低く制限し(35hl/ha)、10月中旬頃収穫され、干椎茸用乾燥機を使って乾燥します。乾燥により糖度が約20°Brixから30~50°Brixまで凝縮された葡萄は、小型タンクに移され、同年産のマスカット・ベイリーAの果汁で潤し数日間マセラシオンします。
圧搾して得られる果汁は非常に微量で、換算すると15hl/haという希少なものです。
酵母が活性する比較的高い温度(18℃)で醗酵は始まり、その高い糖度のため約6ヶ月続きます(通常のワインの場合、醗酵期間は約2週間です)。醗酵終了後、オリ引きせずにそのまま熟成。醗酵が始まってから約4年後、ようやくビン詰めの段階となります。
私たちが大好きなイタリアのレチョートやアマローネに敬意を表してつくったワイン、マタヤローネ。
「またやろうね」・・・仕事を終えた夕暮れ、園生の一言をワインの名前にしました。

テクニカル・データ
品種: マスカット・ベイリーA
畑: 栃木県佐野市赤見
収穫: 2010年および2011年 乾燥後の糖度 :38.0°Brix (2010), 50.0°Brix (2011)
醗酵: 数日間マセラシオンした後プレスし、そこへ酵母を加え、フレンチオーク古樽にて醗酵。 約18℃の温度で約 6ヶ月醗酵が続く。
熟成: 醗酵終了後澱引きせずにそのまま熟成。
熟成期間は2010年産が55ヶ月、2011年産が44ヶ月
ビン詰: オリ引き後、ろ過を行いながらビン詰した。
ビン詰日: 2015/07/17 本数 : 960本(375ml)
アルコール : 14.8%   酸度 : 0.84 g/100 ml.   残糖 : 17.0%

 

このワインについて
テイスティング・
コメント:
マタヤローネは、たいへん力強く、これからの熟成に大きな期待の持てるデザートワイン。色調は赤みがかった茶色で、エキス分の高さを感じさせる。香りは情熱的。黒糖、メープルシロップ、オレンジリキュール、ダークチョコ、ラムレーズンといったものが感じられる。しっかりしたボディーと余韻の長さを持ちつつ、ソフトな口当たり。豊かな甘味、十分なアルコールと爽やかな酸味を感じ、まとまりがある味わい。
料理との相性: 甘いデザート、重めのチーズなど:オレンジタルト、クリーム・ブリュレ、ティラミス、ビスコッティー、青カビチーズ、パルメザン・チーズ、信玄餅
飲み頃: 現在から20~30年後:長期熟成が可能。
円熟した奥深いワインとなるであろう。

2016/04/27

MV マタヤローネワイン・データシートPDF(プリントに適しています)