2013 北ののぼ ワイン・データシート

English

 「2013北ののぼ」は、北海道余市の木村農園で2013年に収穫されたピノ・ノワールとシャルドネ、ピノ・ムニエから伝統的なビン内二次醗酵方式でつくりました。よいスパークリングワインには豊かな酸が欠かせません。そこでそれぞれの葡萄を、最適なタイミングで収穫。岩見沢の醸造場(10R)で房のまま搾り、フリーランの果汁だけを取り出し、果皮に付いた野生酵母で一次醗酵させました。そして翌2014年の春、このキュヴェ(原酒)を足利の醸造場(ココ・ファーム)に運び、蔗糖と酵母を加え、すばやくビン詰し王冠で打栓。このティラージュビン詰の後は、涼しいセラーで40ヶ月以上寝かせました。ワインは静かにビン内で二番目の醗酵を行いながら、繊細で細やかな泡を生み出し、熟成を経て、さらに香りの複雑さとボディの厚みを加えていきました。
 2017夏、最高の状態になったワインを、こころみ学園の園生たちが、毎朝毎晩ビンを45度ずつ回してルミアージュを行い、澱をビン口に集めました。その後、ビン口の澱を冷却機で凍らせて取り除き、糖分を加えないナチュールの状態で打栓しワイヤーをかけました。デゴルジュマンをはじめ、つくる工程のほとんど全てが手作業による“北ののぼ”。芳醇な香り、のびやかな酸、上品なコクをお楽しみいただければ幸いです。

テクニカル・データ
品種: ピノ・ノワール 78.0 %
シャルドネ 20.8 %
ピノ・ムニエ 1.2 %
畑: 北海道余市郡余市町登 木村農園
収穫: 2013/10/10, 14, 15, 17, 21(ピノ・ノワール)
2013/10/4, 5, 7, 8(シャルドネ)
2013/10/8(ピノ・ムニエ)
醗酵: 房のままプレス。
フリーラン果汁の澱を軽く沈めた後、野生酵母にてステンレス・タンクで醗酵。
熟成: 選抜酵母でのビン内二次醗酵をへて、40ヶ月以上酵母の澱と接触させながら熟成を待った。
瓶詰: 澱引き後、清澄せず無ろ過でビン詰。
ビン詰日: 2014/05/30(ティラージュ)  2017/9/25(デゴルジュマン)
アルコール: 11.9 %   酸度: 0.72 g/100 ml.   残糖: 0.88 %

 

このワインについて
テイスティング・
コメント:
ラズベリーやりんご、レモンなどの果実の香りに、瓶内熟成による香ばしさや酵母の香りも感じる。口に含むと、ピノらしいアロマ、程よいコクや甘みがあり、りんごやレモン、シャープな酸味に、ほのかな渋みが味わいを引き締めている。リッチでエレガントな日本のスパークリングワイン。
料理との相性: 生牡蠣(レモンと塩で)、真鯛のカルパッチョ、白子の揚げ春巻き、生ハムとグリッシーニ、ブランダードや豚のリエット、タルティーヌやカナッペなどのアペタイザー全般、シャウルスなどの白カビチーズ、クリームチーズにりんごや梨とハチミツを添えて
飲み頃: 現在から、2年ほどは溌剌とした味わい。3〜5年ほど熟成させれば、経年変化も楽しめる。

2013 北ののぼワイン・データシートPDF(プリントに最適です)