2009 オーバード赤 ワイン・データシート

 


1989年、日本のこころみ学園の農夫たちによって、カリフォルニアに葡萄の苗木が植えられました。このワインは、カリフォルニアの最高級葡萄を原料として、こころみ学園のワイン醸造場 ココ・ファーム・ワイナリーがカリフォルニアの旧友、マット・クラインさんに醸造を委託したワインです。時代や国境を越えたひたむきな情熱がこの「オーバード(夜明けの歌)」に実りました。幸いに満ちた明るい朝を願いながら、心をこめてお届けします。

テクニカル・データ
品種: カベルネ・ソーヴィニョン 43% ジンファンデル 23% プティット・シラー 12%
ムールヴェードル 12% カリニャン 6% メルロ 3% アリカンテ・ブーシェ 1%
畑: カリフォルニア
収穫: 2009年
醗酵: 100%除硬し、3日間低温浸漬したのち、乾燥酵母を添加。
中温度(22度)で醗酵。醸しは1日2回のポンプオーバー、15日間スキンコンタクトを行った。マロラクティック醗酵は、アルコール発酵と同時行う。
糖分がなくなっている頃でプレスし、フリーランだけを樽に入れる。樽は20%新樽(フランス産オーク樽)。
熟成: 16か月樽熟成。その間4回おり引き。最後に卵白で軽く清澄して、ろ過してビン詰め。
3年間ビン内熟成後リリース。
ビン詰: 本数: 5892本(750mL)
アルコール: 15.26 %   酸度: 0.638 g/100 ml   残糖: 0.15%

 

このワインについて
テイスティング・
コメント:
2009年オーバード赤は、長期熟成可能な赤ワイン。色調は、中心部は深い黒、その周りはガーネット色。香りはブラックベリーやカシス、黒胡椒、黒砂糖、バニラ、樽熟成による香ばしさもある。口に含むと、リッチでコクがあり、黒いフルーツの果実味を感じる。酸味と渋味がしっかりとしたストラクチャーをつくっているが、まるみもある。後味は非常に長く、がっちりとしていて力強くもあり、上品なワインである。
料理との相性: やや濃い、しっかりとした料理:牛フィレのステーキ、牛肉の赤ワイン煮こみ、フォアグラのポワレ、鴨焼き、鰻の蒲焼き、 すきやき、チンジャオロース、熟成した白カビチーズなど。
飲み頃: 今でも美味しいが熟成によって、よりなめらかで複雑な、芳醇なワインとなるだろう。

2015/06/19

2009 オーバード赤ワイン・データシートPDF(プリントに適しています)